商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

「 飲食店 」 一覧

no image

こうしてクーポンは無視される

「スマホで電子書籍でも読んで見ましょ♪」 と思って、随分前に●天Koboのアプリをインストール。 多分、それからだと思うけれど、こんなタイトルのメールがワンサカ届くようになりまして・・。  「200円クーポン付き・日替わりセール!・・・・」  「対象書籍が70%引き!・・・」 最初の頃は「おっ!」と思ってサイトを見に行っていたのだけれど、 自分が欲しい本には使えない 期間がやたら短く設定されていて ...

お店のレジが進化しました

先日、「ユビレジ」の実物を見せて頂く機会がありました。 ユビレジというのは、要するに、今までのレジ(キャッシュレジスター)をiPadに置き換えてしまえっ、という仕組みです。 通常、レジの機械だけならまだしも、POSシステム(何がどれだけ売れたのか、支払いの時点でデータを記録して、活用するシステム。Point Of Sale の略)を導入しようとすると、「うげっ」と声が出てしまいそうな金額になります ...

ムダの有効活用

先日、とある和菓子屋さんに寄って、贈答品を購入しました。 すると、会計の時に、 「これ、割れてしまったモノなんですけれど、ゼヒご試食下さい。」 と、個包装されたお菓子を何枚か頂きました。 見ると、「くりきんとん」を焼いたもの。この地域では、くりきんとんが名物なんです。 でもねぇ・・、 「焼いちゃったら、しっとりさが無くなって、台無しじゃないの?」 って思いません? まぁ、折角もらったし、と期待せず ...

秋と言えば・・

食欲の秋、読書の秋。 秋と言えば○○、という話は良く耳にしますが、先日こんなフレーズが耳に入ってきました。 「秋はコーヒーが美味しい季節ですよね。」 ・・・フツーに聞き流すところでしたが、いやいや、よく考えてみると、 コーヒーって、別に季節に関係なく美味しいんじゃ・・。 と、ちょっとツッコミを入れたくなってしまいました。 が、それでも、なんとなく、 「段々寒くなってきた朝。オレンジ色の朝日が差し込 ...

no image

季節感は人工的に創り出されるのだ

季節感を感じる瞬間って? いつも、この時期に気付く事があるんです。それは、 「秋を最初に感じるのは、スーパーで”秋味”というビールを見た瞬間だ」 ということ。 なんて情緒のない・・、という気もするんですが、店頭に並んでいるのを見た瞬間、ハッとするんですよね。 考えてみれば、季節感を演出するのは商売人の役目なわけで、人工的に創られていて当然なのかもしれません。 この文章を書いていて気付きましたが、恐 ...

no image

オフィスの空きスペースを利益に変えてしまう方法

今回紹介するのはこちらのサービス。 オフィスのソーシャルシェアリングサービスShare0 「オフィスに活用されていない部屋やスペースがある企業」   と、 「オフィスは欲しいけど資金が・・」 というベンチャー/スタートアップ企業とのマッチングサイトです。 「利用料無料!ただし、業種等の条件あり」なんていう物件もあったりして、自分が申し込む訳でもないのに見入ってしまいました。 現在は首都圏メインのよ ...

no image

リアルな店舗もお金の流れが変わるんじゃ?

今回紹介するのは、「Square」という、小さな決済マシーン。つい最近、日本でのサービスが開始されました。   この小さな機械をスマホに差し込むだけで、 うち、クレジットカードでの支払いもOKですよ。 って言える訳です。しかも・・・ 必要なのは決済時の手数料(売上額の3.25%)のみ 月額コストはゼロ アブリも無料 本体すら無料で送ってくれます と言う訳で、早速申し込んでみました。 例え ...

no image

サラリーマンのランチ代は20年でどう変わったか

NHKクローズアップ現代の放映開始から20年、ということで、日本がどのように変化したか、がインフォグラフィックスで紹介されてます。 マウスを合わせると、レストランの数や高校生の携帯利用率、1ヶ月の世帯収入と言った、割と身近な変化を知ることが出来て、なかなか良くできてます。 #「サラリーマンのランチ代」の変化は、ちょっと悲しい気分に浸れます、ハイ・・。

no image

シツコイ広告は嫌われる、という事例2つ

どんなに素晴らしい商品を作っても、誰かに知って貰わないと商売になりません。 なので、広く告知する=「広告」という行為が必要になってくる訳ですが、たまにマイナスイメージを広げている例も・・。 残念な例1)LINEからのプッシュ通知が鬱陶しい 最近すっかり定番になったLINE。クーポン目当てに、某外食チェーン店の公式アカウントを友達追加しました。 最初は「へー、こんな風にクーポン画像が送られてくるんだ ...

no image

あなたのお店のファンを集める無料ツール

商売繁盛のキホン 売上の多くは、リピーターさんの購入によるもの。 リピートして頂くためには、こちらから情報発信していかなければなりません。 そのためには準備が必要。まずは、お客さんの連絡先を教えて頂かねば。 良くあるのは「アンケートに回答すると割引クーポンが貰える」という方法。 ですが、この場合、「なーんだ、割引きが無いなら行かないよ」というお客さんばかりが増えてしまいます。 それよりも、「このお ...