商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

「 販促 」 一覧

大切にすべきお客さんは誰だ?

さてさて、前回に引き続き、MNPを利用して携帯キャリアを変更したお話。 今回、乗り換えた理由は「コストが半分ぐらいに下がるから」という1点のみ。 でも不安は沢山あって、 料金体系がガラリと変わるし、通話料が高くならないか? ユーザー用の管理画面って使いやすいんだろうか? 今まで10年以上 softbank だったしなぁ・・ と、結構悩みました。が、「コストが半分になる」という魅力には勝てなかったん ...

no image

季節感は人工的に創り出されるのだ

季節感を感じる瞬間って? いつも、この時期に気付く事があるんです。それは、 「秋を最初に感じるのは、スーパーで”秋味”というビールを見た瞬間だ」 ということ。 なんて情緒のない・・、という気もするんですが、店頭に並んでいるのを見た瞬間、ハッとするんですよね。 考えてみれば、季節感を演出するのは商売人の役目なわけで、人工的に創られていて当然なのかもしれません。 この文章を書いていて気付きましたが、恐 ...

今すぐ暑中見舞いを出したくなる3つのステップ(すぐに使える暑中見舞いハガキ用テンプレートデザインあります)

年賀状よりも暑中見舞いじゃ? お店やサービスを知ってもらう。その為には「目立つ」必要があります。 「みんなが出してる年賀状」よりも、暑中見舞の方が目立つはず。 今年は、例年より随分早く梅雨が早く明けました。折角なので、「暑い季節、お元気ですか?無理せず、ご自愛下さい」という気持ちを込めて、暑中見舞を出してみてはいかがでしょうか。 (7/7の小暑から8/7の立秋までが暑中見舞。立秋以降は残暑見舞いに ...

no image

スマホからの問合せメールにはご注意を

あなたの返信メールは届いていないかも 以前、「スマホからのアクセスが増えているはずなので、アクセス解析を再チェックした方が良いですよ」という話を書きました。 アクセス解析、再確認のススメ 実はこれ、ネットショップを運営されている方には、結構イタイ事実のようです。というのも、  スマホに乗り換える。  メールアドレスは以前のものをそのまま利用。( 末尾が docomo.ne.jp とか ezweb. ...

no image

無料一括プレスリリース配信はムダじゃ?ソーシャル時代のPRについて考えてみた。

最近立ち上げた無料PC壁紙サイト、   のアクセス数を増やすために、いろいろとPR方法を模索中です。 商品やサービスを広めたい、と思ったとき、人はマーケティングを学び始めます。 ある程度学んでいくと、プレスリリースという手法があることに気がつきます。 新聞・雑誌・TVといったマスメディアに取り上げて貰えるよう、自分から働きかけるわけです。 その時、メディアにプレスリリース文を送信するので ...

no image

リアルな店舗もお金の流れが変わるんじゃ?

今回紹介するのは、「Square」という、小さな決済マシーン。つい最近、日本でのサービスが開始されました。   この小さな機械をスマホに差し込むだけで、 うち、クレジットカードでの支払いもOKですよ。 って言える訳です。しかも・・・ 必要なのは決済時の手数料(売上額の3.25%)のみ 月額コストはゼロ アブリも無料 本体すら無料で送ってくれます と言う訳で、早速申し込んでみました。 例え ...

no image

グッとくる企画書・提案書がたくさん並んでます

今回紹介するサイトはこちら。 企画書、提案書の書き方参考サイト「bikkuri」 「プロモーション」等のジャンルも設定されていて、 面白法人カヤック制作のコピー講座 お菓子の「小枝」プロモーション用資料 などなど、表紙を見ただけで惹かれるモノが並んでいます。 中身もそれぞれ結構なボリュームがあって、構成やデザインも参考になります。

no image

PWYW (Pay What You Want) の課題─0円と1円の間の深い溝

今回は PWYW ( Pay What You Want ) のお話。モノの値段を、お客さん側が決める、という「言い値販売」の形態です。 最近は、その電子版とも言える仕組みが出てきています。 言い値書店 - 購入者が値段を決める電子書籍ストア フリーウェアでも、従来の Donate (寄付)ではなく、 PWYW を掲げているものが。 Launchy: The Open Source Keystro ...

no image

シツコイ広告は嫌われる、という事例2つ

どんなに素晴らしい商品を作っても、誰かに知って貰わないと商売になりません。 なので、広く告知する=「広告」という行為が必要になってくる訳ですが、たまにマイナスイメージを広げている例も・・。 残念な例1)LINEからのプッシュ通知が鬱陶しい 最近すっかり定番になったLINE。クーポン目当てに、某外食チェーン店の公式アカウントを友達追加しました。 最初は「へー、こんな風にクーポン画像が送られてくるんだ ...

no image

あなたのお店のファンを集める無料ツール

商売繁盛のキホン 売上の多くは、リピーターさんの購入によるもの。 リピートして頂くためには、こちらから情報発信していかなければなりません。 そのためには準備が必要。まずは、お客さんの連絡先を教えて頂かねば。 良くあるのは「アンケートに回答すると割引クーポンが貰える」という方法。 ですが、この場合、「なーんだ、割引きが無いなら行かないよ」というお客さんばかりが増えてしまいます。 それよりも、「このお ...