商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

「 ニュースレター 」 一覧

チームワークの向上と売上アップを同時に行う方法

    随分前ですが、システムエンジニアをやっていた時のお話。 当時はサラリーマン、数名程度のチームリーダーをしていました。 そのころ、たまたま田坂広志さんが書かれた「こころのマネジメント・ひとりのメールが職場を変える」という本を読んだんですね。 かなり記憶が怪しいのですが、内容をざっくり言ってしまうと、 チームメンバーがそれぞれ、週に1度、エッセイを書く エッセイの内容はその ...

「教えてくれてありがとう!」と言われるために

    数年前だったと思うのですが、生命保険の担当者から連絡がありました。 久しぶりの電話だったので、ちょっと身構えたんですよね。 なんかほら、「そろそろ見直しませんか?」みたいな話だと、面倒くさいじゃないですか。 「ほっとけ!」って言いたくても言えない性分ですし。 でも、ちょっと違ったんです。 「税制が変わるので、もし●●に興味があるようでしたら、年末までに申し込まないと勿体 ...

全く関係なさそうな業種でもバレンタインにかこつけて売上アップを狙ってみては?

    今回は、あなたもバレンタインキャンペーンに取り組んでみませんか?というお誘いです。 「うちは関係ない」 とおっしゃる方もいるかもしれませんが、要はお祭りです。 発想を飛躍させて、いかに無理やり乗っかるか?が勝負ではないかと。   例えば、昨年お手伝いさせて頂いた事例では、地方のおみやげ屋さんで「バレンタインセット」を用意しました。 いわなの骨酒セットにお猪口を ...

クラウドソーシングで頑張ってるフリーランスの人が安い下請け仕事から脱却できない理由

先日、ちょっとしたデザインを誰かに頼めないか?と考えていたんです。 デザイナーとしての仕事もたくさんしてきているので、自分でやれば良いんですが、多分、制作スピードが遅いんです。 なので、ちょっと忙しい状況も相まって、誰か頼める人がいないかなぁ・・と考えたのでした。 ランサーズなどのいわゆる「クラウドソーシング」サービスは何度か使っていますので、そこで募集しようかな・・とは思いつつ、その募集記事を書 ...

メルマガに書くネタがない!

  今年のハロウィーンも指をくわえて見てただけ、の大西です。(しかも見てるのはテレビのニュースだけだったり。) さてさて、本日のテーマは「メルマガに書くネタがない!」ということで、メルマガを発行する話の続きです。 メルマガの発行に踏み切れない理由の一つに 「そんなに書くネタ、思いつきそうにないよ・・」 というものがあります。 実は、僕もそうでした。 が、ある時、たまたま女性起業家の方とお ...

気軽にメルマガを始めるコツ

前回、とにかくメルマガを始めてしまうことで、情報発信を継続できるようになりますよ、というお話をしました。 とは言え、 「まずは数号分ぐらい書き溜めてから・・」 とか、 「メルマガの配信サービスはどこがいいんだろう・・」 とか考え出すと、いきなり躓きますのでご注意を。 「よし、とにかくやってみよう」と思ったら、こんな感じで進めてください。 1.いきなり文章を書き始める そもそも、長い立派な文章なんて ...

情報発信が大切と知りつつも実行できてない人は、結局アレから始めればいいんじゃないすか?

結局、奥歯の神経を抜かれた大西です。 8020運動に参加しなくちゃ・・。 先にお伝えしておきますが、今回はメルマガ発行のお話です。 タイトルの「アレ」というのも、メルマガのこと。なーんだと思われるかもしれませんが、わざわざオススメする理由があるんです。 ● ● ● 商売をされる人にとって、どうしても必要になってくるのが情報発信です。 「イイ仕事さえしていれば、そのうち売れるようになる」 というのは ...

そのうち客の「そのうち」っていつなの?

今度は歯痛に襲われた大西です。 「体にガタが来る」というのはこういう事なんだろうか・・とちょっと寂しくなっております。 さて、今日は「そのうち客」のお話。 「すぐ必要じゃないけど、興味はあるんですよね。あ、でも多分、実際に買うのはずっと先ですよ、えぇ。」 というのがそのうち客。 じゃ、「そのうち」っていつなの?というのが気になるところですが、仮にご本人に聞いたとしても、 「そんなの分かんない」 と ...

常連さんが多くて嬉しい♪の裏に潜んでるワナ

  「怠け者メガネ」を買ってみた大西です。(詳細は最後の「近況報告」で・・) ● ● ● さてさて前回の続きです。 ゴキゲンワークスの無料相談をご利用いただいた、とあるサービス業オーナーさんのお話。 Skypeでお話していく中で、そのオーナーさんが仰いました。 「うちのお客さん、考えてみると、ほどんどが常連さんですね・・。」 おお、素晴らしい! リピートしてくれる常連さんが多い、というの ...