商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

「 コミュニケーション 」 一覧

クラウドソーシングで頑張ってるフリーランスの人が安い下請け仕事から脱却できない理由

先日、ちょっとしたデザインを誰かに頼めないか?と考えていたんです。 デザイナーとしての仕事もたくさんしてきているので、自分でやれば良いんですが、多分、制作スピードが遅いんです。 なので、ちょっと忙しい状況も相まって、誰か頼める人がいないかなぁ・・と考えたのでした。 ランサーズなどのいわゆる「クラウドソーシング」サービスは何度か使っていますので、そこで募集しようかな・・とは思いつつ、その募集記事を書 ...

年賀状、惰性で出してません?

久々にバリウム飲んだ大西です。今回はプレーン味でした。 そろそろ年賀状の準備を・・という季節ですが、今回はその年賀状のお話。 良くあるのが、 ───── 謹賀新年 旧年中は・・ 本年もどうぞ変わらぬ・・ ───── っていう、 「まぁ、コレにしとくか。」 って感じで、印刷会社のテンプレから選んだだけのもの。 それって、言っちゃ悪いんですが、毎年やってるし、みんなやってるし、取りあえず惰性で・・出し ...

メルマガ、ブログ、SNS…情報発信に疲れたあなたの気持ちを楽にする3つのポイント

スイートルームを「甘い部屋=ラブラブな人々が使う部屋」だと思ってた大西です。 いろんな方からちょくちょく相談されるのが、 「ブログも書いて、SNSも投稿して、なんだか疲れてます・・。」 というもの。 マメな人はここにメルマガも入ってきますので、確かに大変です。 たくさんの人に見てもらいたいし、情報発信が重要だってことも分かってるから、頑張っていろんなところにいろんな記事を書いて投稿してる。 でも、 ...

ムッとされてません?(売り込まないマーケティングのお話・その2)

  静的なマーケティングについて、の続きです。 静かに待ちながら、「それ、興味ありますっ!」と手を挙げてもらうにはどうしたらいいか? そして、その告知活動の中で注意したいことが2つあります、というお話でした。 1つ目が、前回お伝えした、「あなたがソレを告知したい理由って、相手のためを思ってのことですか?それとも、自分の都合ですか?」ということを意識するべし、ということ。 今回は2つ目、「 ...

no image

売り込まないマーケティングのお話・その1

  さて前回、動的なマーケティングと、静的なマーケティングのお話をしました。 静かに待ちつつも、「それ、興味ありますっ!」と手を挙げてもらうにはどうしたらいいんでしょう。 ここで「多くの人に知ってもらうために、告知活動を行う」ということが必要になってきます。 人それぞれ性格が異なるので、「自分からわざわざアピールするのは気が進まない」とか、「売り込むのってなんだか迷惑がられそうで・・」と ...

洗濯機、どこから買います?

我が家の洗濯機がとうとう壊れました。 10年以上使っていたので、まさに寿命。(通常は7年ぐらいで設計されているとか。) 部品交換すると、部品が見つかったとしても数万円ぐらいかかるらしく、買い換えることに・・。 ● ● ● 将来の修理サポートのことを考えると、ネットや通販で買うのはちょっとね・・、と言うことで、ともかく近くの電気屋さんに行ってみます。 近くの家電量販店は3軒。近い方から順に廻ろうと言 ...

商売繁盛に効く、暑中見舞い2016年版テンプレート(ひな型)全面写真バージョン

商売繁盛に効く、暑中見舞い2016年版テンプレート(ひな型)つくりました

販促のイベントとして、「○周年記念」や「○○の日キャンペーン」なんていうのが良くありますよね。 日本の風習としてゼヒ利用たいのが、暑中見舞い。 昨シーズンの発行数を見ると、お年玉くじ付き年賀状が約32億枚。これに対して、かもめ~るが約2.7億枚。 参考:日本郵便株式会社プレスリリース 2016年用年賀葉書の総発行枚数 2015年用かもめ~るの総発行枚数 ざっくりとした計算になりますが、年賀状を出す ...

no image

かもめ~るで新規顧客を増やせるって本当?

先日、こんな記事を見つけました。  かもめ~る“V字回復”のなぜ…「ポスティングより効果大」顧客リストなしでDM地域全戸配布の魅力(産経WEST) くじ付き暑中見舞いはがきの「かもめ~る」が発行枚数を伸ばしているのだとか。年賀状発行枚数が減少しているのに対して、かもめ~るは増加傾向にあるようです。 日本郵便(昔で言う郵便局ね)さんが、DM事業として、「かもめタウン」というサービスをされていて、発行 ...

no image

枇杷(びわ)が盗まれて困るんです

少し前に、実家の母親がぼそっとつぶやきました。 「せっかく庭の枇杷がなったのに、盗まれちゃったのよねぇ。 腹立つわー、なんとか盗まれないように出来ないかしら・・。」 相談というよりは、愚痴をこぼした、という感じだったのですが、これはなかなか面白い「問い」ではありませんか。 いまどきなら、「監視カメラ作動中」ぐらいがリアリティもあって効きそうです。本当にカメラを設置しなくても、「やっぱり止めておこう ...

no image

分かりやすく伝える、ということ

先日、こんな本を読んだんです。 「コサインなんて人生に関係ないと思った人のための数学のはなし(中公新書ラクレ)」 図書館の本棚で発見して、「おおっ!面白そうっ」と思って手に取ったのでした。 タイトルが秀逸だったのと、章ごとに短いマンガがあって、絵がなんとなく気に入ったのとで、そのまま貸し出し手続きへ。 確か、最初のストーリーは、「確率」がテーマだったと思うんですが、こんなお話でした。(うろ覚えなの ...