商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

仕事上、最も大切な数字ってなんだ?を考えてみる

先日、ふと気づいたんですけど、最近の車って、タコメーター(エンジンの回転数を表すメーター)が省かれてることが多いような気がします。

マニュアル車にとっては、エンジンの回転数を上げすぎてダメージを与えない様に、重要度の高いメーターでした。

それがオートマ車の普及によって、「このタコメーターってやつ、なくてもいいんじゃない?」ということになったのでしょう。

つまり、最近の車を走らせるうえでは、「現在の速度」が最も重要な数値である、ということ。

その数値がすぐに分かるように、最終的には真ん中にデンっとスピードメーターだけが残った、ということなのだと思います。

さてさて、じゃ、僕らが仕事をするうえで、この「現在の速度」に当たるものって何でしょう?

(ビジネス用語で、KPIと呼ばれたりする数字です。)

例えば、店舗で物販をされている場合なら、売上に深く関わってくるのは、やはり「来客数」かと思います。

もしくはホームページ制作や、リフォームのような業種なら、「見積依頼の回数」かもしれません。

ただし、これらの数字は、実は「結果」の数字なので、その原因である、もう1ステップ手前を考える必要があります。

先程の例に出した店舗の場合なら、「ポスティングした軒数」かもしれませんし、「新聞折り込み広告の配信部数」かもしれません。

もし店長のブログ読者が良く来てくれる、ということであれば、「ブログ記事の投稿数」なのかもしれません。

ホームページ制作やリフォームの場合なら、見積を依頼する前の段階、つまり「資料請求の件数」とか「問い合わせの件数」かもしれません。

もしかすると、「展示会やイベントへの参加回数」だったりするかもしれません。

「来客数」や「見積依頼の回数」は、自分で直接コントロールできませんが、ポスティングの軒数や展示会への参加回数のような数字は「自分でコントロールできる数字」です。

この、「自分でコントロールできる数字」が、現在どうなっているか?を意識してみて下さい。

スピードメーターに表示される「現在の速度」は、運転手がぐぐっとアクセルを踏み込んでいる、その踏み込み具合の結果です。

今、自分が「どれくらいアクセルを踏み込めているか?」を数字として意識する習慣が必要だと思うのです。

そのためには、少なくとも週に1回、その数字がどうなっているか、を振り返るべし。ノートに書いても良いし、Excelに記録しても良いかと思います。

課題が明確になって、やる気にもつながります。ぜひ試してみて下さい。

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-
-, , ,