商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

メル友が出来た理由からひも解く、自分に興味を持ってもらう方法

今回は、過去に僕が実際に遭遇した2つの体験談を元に「どんな時に、人は相手に興味を持つのか?」について考えてみたいと思います。

(ちなみに、メル友が出来た、というお話は2つ目の体験談です。)

早く言ってよ~!その1

1つ目の体験は、僕がシステムエンジニアとして働いていた時のお話です。

いわゆる主任クラスに当たるんだと思いますが、数名のチームリーダーを務めていました。

ソフトウェア開発の現場でも、人が足りなくなると派遣の人たちに参加していただきます。

とあるプロジェクトが終わるころ、それまで長く一緒に働いていた派遣のAさんが、結婚を機に地元に帰ることになりました。

とても前向きで誠実な青年だったので、それを聞いたときは、ずいぶんショックを受けたのを覚えています。

みんなで送別会を開いたのですが、その終わりがけに、Aさんが言いました。

「僕、大学生の時、バックパッカーとしていろんな国を回ってたんですよ。」

って。

(えっ!?早く言ってよ~!)

心の中でちょっぴり叫んでしまいました。

僕自身は海外には行けていませんでしたが、巨大な荷物を載せてバイクツーリングに良く行っていたので、そういう貧乏旅行の話はとても興味があったからです。

すでに送別会は終盤、あまり話も聞けず、結局Aさんとはそれ以来会っていません。

早く言ってよ~!その2

2つ目の体験は、微妙に恥ずかしいお話。

ずいぶん昔、女性のメル友が出来たことがあるんです。

(あ、結婚する前の話ですからね。)

今のようにネットが普及する前で、掲示板のようなサイトからやり取りが始まったと思うのですが、何しろ知らない者同士です。

最初はいろいろと質問するものの、段々と会話の内容も少なくなっていきます。

そんな時、たまたま僕が「今、岡村靖幸を聴いてます」と書いたところ、

「なんだ、岡村ちゃんファンなの?早く言ってよ~!」

と、速攻で返事が返ってきました。

それをきっかけに、随分と打ち解けて、メールのやりとりがフランクになっていったのを覚えています。

● ● ●

さてさて、この2つの出来事から、「どんな時に、人は相手に興味を持つのか?」というのが分かるんじゃないかと思うのです…

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-
-, , , , ,