商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

あなたのサイトに眠っている「おしい!」ページを探す方法

 

 

ホームページをお持ちの方は、どれくらいの人が見てくれているか、気になるところだと思います。

無料のアクセス解析ツールとして使われている Google Analytics(アナリティクス)の画面を見れば、

  • どれくらいの人数が
  • どれくらいの時間をかけて
  • 何ページ見てくれているか

が分かります。

今回はちょっと違った観点から、アクセス解析のお話を。
商売をされていらっしゃる方であれば、多くの場合、狙っているキーワードがあるかと思います。

例えば、税理士さんであれば「確定申告」とか、食品を販売されているお店であれば「ルイボスティー」とか。

SEO対策と呼ばれるものは、こういう狙ったキーワードで、いかに検索結果の上位に食い込むか?というお話です。
ですが、自分のホームページが、意外なキーワードで検索されているかもしれない、ということも、たまに意識してみてください。

どうやって調べるかと言いますと、 Google Analytics で、「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」を開きます。

(この時点でキーワード一覧表が出ない場合、必要な設定がされていません。ホームページ担当の方に「Google AnalyticsでSearch Consoleの検索クエリが見たいんですけど」と伝えてみて下さい。)

そうすると、「どんなキーワードで、自分のホームページにたどり着いたのか?」が分かります。

通常はこれで十分なのですが、これは

1)Google で検索する
2)検索結果がずらっと表示される
3)その中から自分のサイトをクリックする
4)最終的に自分のホームページに辿り着く

という行動をとった人のデータが、上から順に並んでいます。

ところが、3)の時点で、他人のホームページを選ぶ人もたくさんいるわけです。

例えば、ページタイトルがイマイチだと、2)で上位に表示されるのに、3)では誰もクリックしてくれない・・ということになります。

こうなると、Google Analytics 上では、その情報はずいぶんと下の方に行ってしまうことになります。
そういった、「おしい!」ページを探す方法があります。

表の右上にある「平均掲載順位」というタイトル部分を、2回クリックしてみて下さい。

そうすると、並び順が変わり、「自分のホームページが上位に表示されるキーワードは何か?」が分かるようになります。

さらに、表の右下にある「表示する行数」を100ぐらいに増やしてみると、なかなか興味深いデータになります。

つまり、今見ている表は「Googleで上位表示されてるのは、このキーワードですよ」という一覧になっているわけです。

上から順に見ていくと、「そういえば、昔そんな記事書いたなぁ」とか、「こんなキーワードで上位に表示されても嬉しくない・・」というものが並んでいるかと思います。

でも中には、ご自身のお仕事に深く関係するキーワードも見つかるはず。

そんなキーワードがあったら、左から2列目の「クリック数」を見てみて下さい。

もしここがゼロなら、何かしらの理由で、

「Google的には良いページだと思って検索結果に出してるんだけど、なんかクリックしてもらえないのよね~」

っていう状態になっている、ということ。

実際に検索してみて、どんなふうに見えるかを確認してみて下さい。

特にタイトルやページ内の出だしの文章など、改善できるところが見つかるかもしれません。

近況報告

もう時期が過ぎてしまいましたが、今年は家族で花見に出かけました。

が、ちょっと早すぎたみたいで、残念ながら一分咲き・・。

ま、家族で散歩できたので良かったかな、と。

五平餅食べて帰りましたとさ。

 

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , , , ,