商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

ネット広告の事例紹介(結果報告編)

 

ネット広告の事例紹介(結果報告編)

さて、前回の続きと言うことで、ネット広告の事例紹介。具体的な数字を交えてご紹介してみます。

 

前回お話した、とあるセミナーへの集客にFacebook広告を使った事例です。

テスト的に試してみた、という状況なので、予算は1万円のみ。期間も約1週間とかなり短めです。

先に結果をお伝えしておきますが、残念ながら、広告から実際の参加申し込みにつながった件数はゼロでした。

とは言え、どれくらい反応があるものなのか?という情報としては参考になるかと思い、お伝えしています。

 

さてさて、広告を出して3日ほど経った時点で、ある傾向が見られました。

  • ある程度クリックもされていて、数値としては悪くない。
  • 「興味あり」が5~6程度。割と手応えあり。
  • 広告を出す対象をA、B、Cの3パターンに分けたところ、以下のように反応に差が・・。
    • A:約5%の人がクリック
    • B:約1%の人がクリック
    • C:約1%の人がクリック

と、こんな感じで、割と良い感触です。

たたし、A~Cのうち、Aだけがかなり良い反応を得られていたので、さらに1日様子を見てから、BとCは広告をストップ。

その分の予算をAに振り替えました。

 

ネット広告の場合、途中でこういった調整が効くのが利点です。

ですが、逆に言えば、出しっぱなしでメンテナンスをしないと、効果の薄い広告を出し続けてしまうことになりますのでご注意を。

最終的には、

  • 広告をクリックしてくれた割合 : 3.53%
  • 広告をシェアしてくれた    : 4
  • 広告主のFacebookページにいいね: 5
  • 申し込みページを見に行った  : 2
  • 「興味あり」クリック     :13

という結果となりました。

また、ご依頼いただいた方からのご報告では、

「今回は都合が合わず参加できないけれど、次回はぜひ参加したい」

というメッセージを頂いた、とのこと。

これらの結果を踏まえると、恐らくもう少し予算があれば、参加申し込みにつながったのでは無いかと思います。

1件でも広告のゴール(参加申込み)までたどりつけば、逆算して

「広告費を1万円かければ、参加者を1名増やせるのか・・」

といった予測が可能になります。

今回のように結果がゼロだと、逆算が出来ず見通しが立てられないので、まずはゼロ→1の壁を超える必要がある、ということになります。

なにごとも、ゼロを1にするのが一番大変だなぁ、と思う今日この頃でした。

 

近況報告

最近、下の娘がYouTubeをみてゲラゲラと笑っております。

多分、しょーもないのを見て笑ってるんだろうなぁ、大丈夫かしら・・とちょっぴり心配になったり。

でも、考えてみたら、自分たちか子供のころにドリフみて爆笑していたのと同じなんですよね。

あの時の親の気持ちが分かったような気がします・・。

 

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , ,