商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

ネット広告の事例紹介(準備編)

 

ネット広告の事例紹介(準備編)

 

今回は、「ネットに広告を出してみたい」というご依頼を頂いた事例をご紹介してみます。(最近、こういうご相談をよくいただきます。)

 

実はネットで広告を出すだけなら、そんなに難しくはありません。

文章、もしくは画像があれば、エイヤッと適当に出してしまうことも出来ます。

ですが、当然お金をかけて取り組んでることなので、そういう訳にもいきませんよね。

僕の場合、お客さんから頼まれていることなので、余計に良い結果が出るよう、慎重になります。

一番まずいのが、「広告を出した結果、どうなると嬉しいのか?」を決めずに出してしまうパターン。

  • ホームページに訪問してもらえれば良いのか?
  • 資料の請求をして欲しいのか?
  • カートに入れてほしいのか?
  • その場で購入までたどり着いて、初めて成果とみなすのか?
  • SNSでシェアして欲しいのか?

と言った、具体的な行動レベルで、広告のゴールを決めておかないと、なんとなくお金を使って、なんとなく「効果は多少あったような気がする・・かな?」とぼんやりした感想を持つ結果になります。

そうすると、明確に効果を実感することが出来ないので、「取りあえず試してみたし、まぁ、こんなもんか」と、なんとなく「やったこと」に満足してしまうんですよね。

そして、改善して次につなげるというところまでやる気が起きず、そのままフェードアウト・・。

しばらく時間が経って、イベント時期が来て、思い出したようにもう一度チャレンジしてみるけど、またなんとなく取り組んで、最初に戻る・・、とね。

こうならないためにも、広告は広告で、専用の導線をデザインしておく必要があります。

 

例えば、今回の事例ではこんな流れで取り組みました。

「あるセミナーへの参加者を増やすために、ネット広告を使ってみたい」とのご依頼を頂き、イベントやセミナー集客と相性の良い、Facebook広告をご提案。

まずはイベントページを作成していただきました。

この広告のゴールは、やはり「何件申込みにつながったか?」になります。

ただし、申込みの件数をカウントする方法は、少し注意が必要。

Facebookのイベントページでは「参加予定」ボタンと「興味あり」のボタンがあるのですが、この「参加予定」ボタンはイマイチ信用できないんですよね。

本当に参加してくれるのかどうか、後から個別にメッセージを送って意思確認する、という作業が発生しますし、そもそも「間違えて押しちゃってました・・」という場合も少なからずあるんです。

なので、参加したい方には、専用のページから申し込んで頂くように導線を設計しました。

 

併せて、イベントページの説明文も、より魅力的になるように調整します。

  • セミナーの内容を表すキーワードがどれくらい検索されているのか(ニーズの調査)
  • そのキーワードに関連する、類似キーワードは何か?
  • より検索数の類似キーワードかないか?

とデータを取りながら、説明文を調整していきます。

そして広告の作成です。

画像と動画を頂いたので、反応の良さそうな画像をチョイスして、Facebook上で広告を作成します。

以前記事にも書いたように、予算に合わせて何パターンかテストしないと、広告の良しあしが判別できません。

(参考記事:ネット広告で失敗したお話 http://gokigenworks.com/3086

今回は、どんな人がセミナーに来そうか、対象をA・B・Cの3パターンに分けて想定しました。

その結果、

  • Aの人に向けて、画像広告 + 動画広告
  • Bの人に向けて、画像広告 + 動画広告
  • Cの人に向けて、画像広告 + 動画広告

と6つのパターンでテスト。

もちろんA・B・Cそれぞれで響くキーワードや文章が異なるはずなので、広告内のキャッチコピーや冒頭の文章もそれぞれ異なったものを用意します。

これでようやく、広告を出す準備が完了・・という訳で、きちんと効果測定するためには、それなりに準備が必要になるのでした。

次回は、一番気になる「実際の結果はどうだったか?」についてお伝えしてみます。

近況報告

 

先日、奥さんと「お昼ごはん、どうする?」という会話になり、「二人だけだし、久々にカップラーメンを食べよう」というコトになりました。

そのままだと寂しいので、奥さんは具にのせる野菜を準備。

僕は、カップラーメンの外装をムキムキして、ふたを開けて、スープの粉を・・。

と、そこで「ちょっと待った!」と奥さんがストップをかけました。

え、何か悪いことした・・?と思っていたら、奥さんはおもむろに茶こしを取り出してきて、スープ粉末をふるいにかけだしました。

「あたしがネギ駄目だって何度言えば分かるのよ・・?」

なるほど、カップラーメンのスープ粉末には、たいてい粉々になった乾燥ネギが一緒になって入ってるんですよね。

見事、茶こしにはネギだけがきっちり残っていました。

それ専用に茶こしを用意しているのだそうで・・。

ある意味すこい執念だと、感心した(あきれた)休日の午後でした。

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , , ,