商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

イラッとするキャッチコピーに遭遇した件

イラッとするキャッチコピーに遭遇した件

 

友人が主催した、とあるワークショップに参加した時のお話です。

会場近くの駅で電車を降りました。

ホームから階段を下っていくと、頭上に大きな看板があったんです。

そこにはこんなキャッチコピーが。

デデン!
「まだ持ち家じゃないの?」
・・地元の不動産屋さんの看板らしいんですが、読んだ瞬間、妙にイライラが芽生えまして。

個人的には、あまり持ち家が欲しいとは思わない派なのですが、それでも「馬鹿にされてる」感じがしてムッとしてしまいました。

例えばですよ?

奥さんからのプレッシャーを受けつつ、いつかは自分の家を・・と頑張ってるサラリーマンの人がこれを見たら、どう思うんでしょうね。

「いやぁ、実はそうなんだよね、頑張ってるんだけどねー。あと2年ぐらいしたら頭金貯まる予定なんで、そんときはお願いしよっかなー。」

なんて思うわけないですよね。

自分だったら、

「この店にだけは頼まん・・」

って強く決意しちゃいます。ええ。

ネット上で有名な、とある人のサイトのタイトル「まだ東京で・・・」を真似たんだと思いますが、「気を引いたモン勝ち」という考えが透けて見えて、ちょっと悲しい気分になりました。

ネット上ではこういう、一瞬反感を買うようなキャッチコピーをよく見かけますが、あれはあれで目的があって、

  • まずは強い言葉で気を引いて、次の説明を読んでもらう。
  • 反感を抱きながらも気になってつい読み進めると、「ふーん、なるほど・・」と納得するような説明が書かれていて、次第に興味を増していく

という流れで、意図をもって設計されています。

なので、一番最初のハードルを越えてもらうために、勢い「煽る」キャッチコピーになるわけです。
ところが、今回紹介した看板では、もちろんそういう詳しい説明は伝えられないので、見た人は悪感情だけを抱いて通り過ぎていきます。

わざわざお金を払って大きな看板を出して、その結果たくさんの人に嫌われている、というなんとも不思議な事態・・。
そもそも何のために看板を出すのか?見た人にどう思ってもらいたいのか?どんな行動をしてほしいのか?

そういった導線を意識しないまま、恐らく「効くキャッチコピーは何か?」がゴールになってしまったのだと思います。

さらには、「受け取った相手が、どんな風に感じるか?」ということに少しでも思いを馳せることが出来ていれば、あのキャッチコピーは採用しなかったと思うのです。

言葉が持つ力はとても強力で、人を幸せにも不幸にもします。あらためて気を付けなければ・・と思った出来事でした。

近況報告

久しぶりのミシン

冒頭で「友人が主催するワークショップに参加した」と書きましたが、実は「かばんを作る」という内容だったんですね。

恐らく20年以上ぶりにミシンを触りました。

なかなか思うとおりに行かないものですねぇ・・。何度失敗したことか(-_-;)

でも新しい分野にチャレンジすることが出来て、楽しい経験でした。(^_^)

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , ,