商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

年賀状、惰性で出してません?

年賀状、惰性で出してません?

久々にバリウム飲んだ大西です。今回はプレーン味でした。
そろそろ年賀状の準備を・・という季節ですが、今回はその年賀状のお話。

良くあるのが、

─────
謹賀新年

旧年中は・・
本年もどうぞ変わらぬ・・
─────

っていう、

「まぁ、コレにしとくか。」

って感じで、印刷会社のテンプレから選んだだけのもの。

それって、言っちゃ悪いんですが、毎年やってるし、みんなやってるし、取りあえず惰性で・・出してません?


僕は、商売人は哲学者でなくちゃいけない、と思ってます。

哲学というと大げさですが、簡単に言えば「きちんと考える」ということ。

日頃から、「なぜ?」という疑問を持つクセを身につけるべし、です。

年賀状だって、「あれ、毎年なんで年賀状出してるんだろ?」と考えてみれば、

  • 去年一年間の感謝の気持ちを伝える
  • 新しい一年もどうぞご贔屓によろしく、という挨拶

といったことは簡単に気づけるかと思います。

そこに気づけば、

  • どうやって感謝の気持ちを伝えよう?
  • 新年早々、喜んで貰うには・・?
  • 年賀状でクスッと笑って貰えたらいいなぁ

なんてことに思考が巡っていくはずです。

さらには、

「年賀状は、年賀状じゃなきゃいけないのか?」

という疑問も出てくるかもしれません。

考えてみて下さい。一年で一番郵便物が届く日って、元旦ですよね。

ハガキからしてみれば、1年にたった1度のレッドオーシャンの日。何もわざわざ、その日に送らなくてもいいんじゃないか・・?

そんな発想も出てくるかもしれません。

例えば、欧米ではクリスマスカードというものがあって、

Merry Christmas, and a Happy New Year!

のように、クリスマスと新年のお祝いを兼ねていたりします。

元旦に届く「年賀」の郵便より、クリスマス前に届くクリスマスカードの方が、どう考えても目立ちますよね。

もちろん目立てば良い訳では無いし、年賀状の風習は大切にすべきだとは思いますが、例えば親類や友人には年賀状、仕事関係はクリスマスカード、と分けても良いかもしれません。

ともあれ、きちんと想いを伝えること、伝わる努力をすることが大切だと思うのです。

凝ったデザインよりも、「こんな一年でした~」と書き添えてみるとか、手書きで一筆添えるとかの方が、相手は喜んでくれるのではないでしょうか。

折角の機会、きちんと考えてお客さんを喜ばせてあげてはいかがでしょう。

近況報告

パンダ我が家では家族で年賀状を創ります。

年賀状の中に家族全員が写真で登場するんですが、毎年どんなネタにするかが大きな問題・・。

うま年の時には、わざわざメリーゴーラウンドに乗りに遊園地までロケに行ってみたり。

自分が「こんな風にしたら!?」と案を出しても、ほぼ100%却下されるので、キホンは奥さんに丸投げ。

奥さんが企画し、奥さんが写真撮影し、奥さんがPhotoshopでデザインする、と。

で、僕は「んじゃ、今年は○枚印刷頼むわー」と言うだけ番長になっております。

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , , , , , , ,