商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

常連さんが多くて嬉しい♪の裏に潜んでるワナ

2016/10/04

常連さんが多くて嬉しい♪の裏に潜んでるワナ

 

「怠け者メガネ」を買ってみた大西です。(詳細は最後の「近況報告」で・・)

● ● ●

さてさて前回の続きです。

ゴキゲンワークスの無料相談をご利用いただいた、とあるサービス業オーナーさんのお話。

Skypeでお話していく中で、そのオーナーさんが仰いました。

「うちのお客さん、考えてみると、ほどんどが常連さんですね・・。」

おお、素晴らしい!

リピートしてくれる常連さんが多い、というのは売り上げを安定させる意味でもとても重要ですし、何より商売が楽しくなりますよね。なので、これだけを聞くと、とても良い状態におもえます、が・・。

 

問題なのは、その割合です。

仮に100人お客さんが居るとすれば、

一度だけ利用したお客さん(60名)

何度か利用してくれているお客さん(30名)

よく利用してくれる常連さん(10名)

と言うように、一部のコアなファンが常連さんになってくれる、というのが一般的なパターン。

 

初めて利用してから、徐々に親近感を持っていただき、ファンになってもらう、という道筋です。

ところが、常連さんがほとんど、ということは、逆に言えば「それ以外のお客さんが少ない」ということ。

オーナーさんもその点は感じていらっしゃっていて、最初に頂いたメールにも「新規で来店いただいても、3~4回来ていただいた後、来なくなってしまう方が多い」と書かれていました。

となると、最初に確認すべきは

「新規のお客さんのうち、2回目の利用まで進んでもらえてる確率は?」

という点でしょう。

この確率が低い場合、おそらくは「忘れられてしまった」のが原因です。

ですので、初回のお客様にはありがとうハガキを送るなどの施策が必要になります。

また、「3~4回来ていただいても、そのあとが続かない」という場合も、恐らく原因は同じ。

ニュースレターやメルマガなど、定期的に情報発信して思い出してもらう、という施策が必要になるわけです。

 

ありがとうハガキにしろ、ニュースレターにしろ、当然手間がかかります。

ですが、きちんと儲けている経営者は、みなさんこういうマメさを持っているんですよね。

きちんと続けていけば、お客さんとの距離が近くなって商売自体が楽しくなりますから、手間をかける意味は大いにあると思うのです。

ありがとうハガキやニュースレターをどう書けばいいのか?については、それだけで大きなテーマになってしまいますので、またいつか機会があった時に・・。

#ぜひ取り組んでみたい、と言う方はゴキゲンワークスの無料相談窓口をご利用いただければと思います。デザインや制作まで依頼いただくお客様もいらっしゃいますし(デザイン・制作は有料です)、無料相談で「どんなものをお客さんに送るか」等のアイデアを出しながら方向性を決め、ご自分で制作する方もいらっしゃいます。こちら↓からお申込み頂けます。

相談無料:販促・集客・商売のお悩みお待ちしています

近況報告

怠け者メガネ久しぶりの衝動買いかも・・。怠け者メガネを購入しました。

メガネに反射鏡が付いてて、かけると真下が見えるんです。

ということは、寝ながら(上半身を起こさず)本が読めるんですね~。

腰を痛めたので、負担かからないように買ってたんです。決して怠けたいんじゃないんです。ほ、ほんとですってば・・。

(ちなみに中国から発送するそうで、まだ届いてません・・。)

 

 

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , , , , , , ,