商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

草刈り機はどこで買う?

MM_084_草刈り機家電や大きなモノを買うときって、ちょっと悩みません?

僕の場合は特に、住んでるのが田舎ということもあって、「何かあったとき」のことを考えると、安易にネットで買えないんですよね。
以前、草刈り機の調子が悪くなったことがありました。ガソリンエンジンなのですが、うまくかからないんです。

あっさりあきらめて、買ったお店に持って行くことにしました。直すのにいくらかかるか、ちょっと怖いところ・・。でも、自分では直せないので仕方ありません。
その草刈り機を買ったのは、すぐ近くの農機屋さん。地元のお店でした。電話してみると、すぐ来てとのこと。早速持ち込んで、調べてもらいます。

待つこと数分・・。

あっさりエンジンがかかりました。あら不思議・・。

「調整しといたから、今度はいいと思うよ。しばらく様子見てみて、またダメだったら持ってきて。」

とのこと。大きな修理にはならなかったようで、一安心です。

「ありがとうございます。いくらになりますか?」

と聞いたら、

「そんなの、いいっていいって!大した作業じゃないから。」

とあっさり。

確かに時間のかかる作業ではなかったけれど、それは、長い時間をかけて蓄えた知識や、これまでの経験があるからこそのこと。その対価として幾ばくかのお金を請求したって、バチはあたらないと思うんですが・・。

せっかくのご厚意に甘えて、

「すみません、ありがとうございました!また何かあったら来ます(^_^)」

と、草刈り機を受け取って帰って行きました。

帰る道すがら、思いました。

「あのお店で買って良かったな・・。今度何かあったとき、きちんとお金を渡そうっと。」
自分だったら、あそこで「お金はいらないよ」って言えたかどうか・・。ふと考えさせられた出来事でした。

しかも、人口減少に加え、どんどん田んぼが減っている状況。農機具専門店としては少しでも収入を増やしたいはずです。
自分自身を振り返っても、つい「これだけ作業したし、時間もかかったんだから、これくらいは貰わないと・・」と、目の前の利益を刈り取りたくなります。

でもそうすると、売る方としては正当な対価を要求しているものの、買う方から見ると「これくらい値引きしてくれても良いような気がするけど、まぁ仕方ないか・・。」と、なんとなく残念な気持ちが残ったりしますよね。

売る方は「ちょっとサービスし過ぎかもしれないけど、お客さんに喜んで貰いたい」、買う方は「ありがたいなぁ、この店で良かった。今度何か買うときはここでお世話になろう。」とお互いが暖かい気持ちでゆずり合う関係・・。それが商売人とお客さんの理想的な関係なのだろうなぁ、と思うのでした。
もちろん、何でもかんでも無料でサービスすればよい、という訳ではありませんし、関係性がきちんと出来ている上得意さんから見れば、きちんとお金を取ってくれた方が嬉しい、という場合もあります。それを踏まえた上で、いま一度「サービス精神」について考えてみる必要がありそうです。

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, ,