商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

嫌われるキャッチコピー(2)

嫌われるキャッチコピーさてさて、前回の続き。

”八王子で「変態端末オフ」”

のお話でした。

この「変態」という言葉が、「マニア向け」とか「オタク」だと、ありがちな表現になり、力が弱まってしまいます。

そう考えていくと、おそらく日本語の全ての単語において、それぞれ「感情に影響を与える度数」が決まっているような気がします。RPGゲームに出てくる武器が、それぞれ違った「攻撃力」という数字を持っているように。

そんな、「感情攻撃力」が高い単語を選べば、反応率を上げることが出来るかもしれません。

が、感情攻撃力の高い単語って、暴力的な言葉や、ネガティブな単語が多いんですよね。(なので、キャッチコピーには反社会的な単語を使え、とよく言われます。)

そう言った言葉を選んでしまうと、短期的には反応は得られるかもしれませんが、ブランドイメージがダウンしていく訳で、長期的にはマイナスになってしまいます。

そう考えると、ここで出てきた「変態」という言葉は、感情攻撃力が高いけれど、嫌われるほどネガティブではない、という絶妙なラインではないかと思うのです。

ブログにしろDMにしろ、言葉の重要性は分かっていたつもりでしたが、より一層「練る」ことが必要だなぁ、と考えさせられた気づきでした。

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, ,