商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

こうしてクーポンは無視される

GW_BlogImg_Coupon「スマホで電子書籍でも読んで見ましょ♪」

と思って、随分前に●天Koboのアプリをインストール。

多分、それからだと思うけれど、こんなタイトルのメールがワンサカ届くようになりまして・・。

 「200円クーポン付き・日替わりセール!・・・・」

 「対象書籍が70%引き!・・・」

最初の頃は「おっ!」と思ってサイトを見に行っていたのだけれど、

  • 自分が欲しい本には使えない
  • 期間がやたら短く設定されていて、既に期限切れ

なんていうのばっかり。

他のお店のクーポンでも、「2000円のクーポン差し上げます!」っていうのに釣られて行ってみたら、10,000円以上買い物しないと使えなかったり。

こんなのばっかなので、客側も学ぶわけです。

「メールで届くクーポンは時間のムダ」

ってね。

そして、タイトルに「クーポン」って書かれてるメールは、サクサクとゴミ箱行きになるわけです。

そもそも「クーポン」とか「割引券」って、お客さんのためじゃなく、どうやったら売れるか?という売り手側の都合でしかないので、そのうちソッポ向かれる、というのは仕方がないわけで。

どこにでもあるような「普通の商品」がどうやったら売れるようになるか?

と、問われたとき、「値引きする」というアイデアは小学生だって思いつきます。

つい値引きしたくなる気持ちは、痛いほど分かるけれど、ぐっと我慢しなくちゃね。

 

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , , , , , , ,