商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

雑記

感情が動いたときは

スマホでメモ写真を撮影したサンプル。とある温泉のロビーでみた書の展示をデザインのネタとして撮影。某ネットモールからの誕生日DM雑誌で紹介されていたオモチャ

スマホでメモ写真を撮影したサンプル。

・とある温泉のロビーでみた書の展示をデザインのネタとして撮影。

・某ネットモールからの誕生日DM

・雑誌で紹介されていたオモチャ

普段の生活の中で「お。」とか、「へー・・」なんて言葉が出たとき、自分自身の内面を見つめてみて下さい。

例えば、最近の自分の例で言えば、

  • 新型フィットの新聞折込み広告を見ていて、 「意外にデザイン、イイなぁ♪」と、良い意味で裏切られた感じ
  • テレビを見ていたらアナウンサーの何気ないヒトコトで、なぜか微妙にイライラした感覚が芽生えた
  • とある公共施設のトイレで、入り口付近のデザインが妙にかっこよかった
  • 美容院でパラパラめくっていた雑誌でオモチャが紹介されていて、「へ~面白いなぁ。値段も高くないし、誰かにプレゼントしたら笑ってもらえそう・・」

といった、感じでしょうか。すごく些細なコトばかりなんですけどね。

 

実は、こういう「感情が動いた瞬間」って、とても良い学習のチャンスだと思うんです。

何らかの「売り買い」の瞬間には、必ず感情の動きがあるわけで、

  • なぜ、自分の感情が揺れたのか?
  • 他の人も同じように感じるのだろうか?
  • 自分の仕事に活かせることはないだろうか?

と、考える癖を付けておくと、いつか良いアイデアに繋がります。

「あ、今、自分の感情が動いたな」と客観的に見るのって、意外に難しいんですが、日ごろから意識してみて下さい。

また、感情が動いた時に、その対象物をケータイ等で撮影しておく、というテクニックもあります。あとから眺めると、結構面白いのでオススメです。

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-雑記
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,