商売繁盛パートナー・ゴキゲンワークス

販促・集客の相談受付中。小さな会社のマーケティングをサポートしています。

未分類

山田が死んだらお前も死ぬんか!の理論

嘉門達夫さんだったと思うのだけれど、子供がよく言いそう/やりそうなコトを歌った歌があったっけ。

「あっ!」と指を指して、相手がつられて振り向いたら、「いうえお~」とか。

その中に、こんなやり取りが入ってたはず。

先生:「なんであんなことしたんだ!」

生徒:「いや、山田君がやってたから・・」

先生:「ほな、山田が死んだらお前も死ぬんか!」

・・・あー、そんなこと言ってたかもね(苦笑)程度の話なのだけれど、よく考えてみると、僕は気づかないうちに、この「山田が死んだらお前も死ぬんか!の理論」に基づいて生きてきてしまったみたい。

例えば「なぜ中学を卒業した後、高校へ進学したのか?」と聞かれたら、「いや、別にフツーそうするでしょ」と答えたくなるけれど、それって結局「周りの山田君も行くし・・」というのが最大の理由になってしまってるんじゃないだろうか。そこには「主体性」というものが、すっかり欠けているんである。

なぜ大学に進学するのか?

なぜ結婚するのか?

なぜ就職するのか?

・・・世の中にある、たくさんの「当たり前」に対して、僕は何も考えてこなかったなぁ。

それに気づいて愕然としたのが、最初は中村文昭さんの講演を聴いたとき。確か34歳ぐらいの出来事。

そして、二度目が「14歳からの哲学」という本に出会ったとき。つい最近、39歳になってから読んだのだけれど、久々にシビれる本。きちんと深く理解したくて一気に2回も繰り返して読んだのは、この本が初めてかも。

「哲学」という分野は、なんだかヤヤコシそうで、面倒くさそうで、ずっと「そのうちいつか、気が向いたらね」とやり過ごしてきたんだけれど、もっと早く読んでおけば良かった・・。(因みに、ベストセラーとなった「ソフィーの世界」をその後読んでみたけれど、僕にはあんまり面白いと思えなかったなぁ。ミステリーの部分はよく考えられていて、素晴らしいと思えたのだけれど、並行して進んでいく哲学史のお話は、単なるお勉強で、退屈な学校の授業を聞いている感覚なのである。)

7代後の孫への話・文明批評Blog さんの記事で書かれていた、こんな言葉

本来ギリシアの街角で行われていた哲学はこれくらい力強く、魅力的なものだったんだ。他のどんなメディアもかなわないほど、圧倒的に相手に語りかけてくる言葉の魔術。

に、うんうんと頷いてしまう。

ただし、この本を読むと、巷で売れているビジネス書に対して、興味が薄れてしまうという副作用があるのでご注意を。

他人の成功事例を収集する前に、自分自身で問いを立てること。正解はないとしても、自分の頭で考え続けること・・。

最近はそちらに興味が移っていて、新しいビジネス書を読む機会がめっきり減ってしまっているのである。・・いや、単なる言い訳なのだけれど。

イラスト入り・リピート集客8つのステップ

リピート集客・8つのステップ リピート集客・手書きイラスト入り全8回のメール講座 リピート集客8つのステップ|販促・集客の無料相談
メールアドレス (必須)
  

-未分類
-,